JR四国考察

JR四国考察


JR四国の駅名標は漢字を大きく表示し,その上によみがな,下にローマ字を表示する。ローマ字の下に配した水色の横ラインの中に隣駅の駅名をひらがなで表示し,そのさらに下に駅の所在地の県,市・郡,(町・村)を表示する。


u20_a2.JPG u20_b.JPG
▲最新の代表的な駅名標 (予讃線 伊予石城)


①ナンバリングを2つ持つ駅のナンバリング表示や隣駅が2つある場合の表示は,駅名標の表裏で上下逆になる。
DSC_8291.JPGDSC_8295.JPG
▲上下が逆になる例(土讃線・徳島線 佃)

②駅ナンバリング付与前の駅名標には駅ナンバリングのシールが貼付されている。
市町村合併で所在する市町村が変わった場合で駅名標を新しくしなかった場合,シールなどでの訂正がなされている。
T14鶴羽A2.JPG
▲駅ナンバリング,所在地市町村の訂正シール貼付の例(高徳線 鶴羽)

③以下の分類で述べるタイプEの駅名標以外では駅名に旧国名を冠する場合,旧国名の部分が小さく表示される。
sanuki-fuchu_up.jpg
▲旧国名が小さく表示される例(予讃線 讃岐府中)




[分類]
JR四国の駅名標は分類すると6種類ある。自立型や行灯型などの横長の駅名標5種類と壁や柱,電柱などに取り付けられる縦型の駅名標1種類があり,タイプA~E,Fとした。

※分類とともに設置駅を記していますがJR四国の駅名標は近頃新型への交換が各所で徐々に進んでいるため、現状を反映していない可能性があります。また後付けで貼られた駅ナンバリングシールがはがれるなどの変化もあります。

――凡例 ―――――――――――――――――――――――――――――――
複数のタイプが設置されている場合は(行灯)・(自立)の区別があります。
・(行灯):蛍光灯またはLED灯による内照型(行灯型)駅名標が設置されている駅
・(自立):自立型駅名標が設置されている駅

駅名:かつて設置されていた駅
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆タイプA
DSC_0569.JPG kotohira_down.JPG
備考 最も古いタイプ。確認している駅が少ない。香川県中讃地域の行灯型に多い。(写真の駅名標はどちらも更新済)
確認駅 [予讃線・内子線] 宇多津,丸亀,多度津(行灯)
[土讃線] 善通寺(行灯),阿波池田,新改,須崎(行灯) 琴平,坪尻,窪川
 
 漢字:丸ゴシック(ナール)
 よみがな:明朝(石井明朝?)
 アルファベット:ゴシック(Helvetica)
 所在地:明朝(石井明朝?)

◆タイプB
 ■B-1
DSC_6001.JPG
備考  
確認駅 [予讃線・内子線] 香西,鴨川,海岸寺,三津浜,五郎,内子(自立),新谷
[土讃線] 旭
[高徳線] 栗林(行灯)(自立),志度,鶴羽,引田,勝瑞
[牟岐線] 阿波赤石
[徳島線] 石井
栗林の自立は現在北側の面のみこのタイプ。
 漢字:丸ゴシック(ナール)
 よみがな:角ゴシック(ゴナ)
 アルファベット:ゴシック(Helvetica)
 所在地:明朝(?)
 

 ■B-2
DSC_8050.JPG
備考  
確認駅 [予讃線・内子線] 海岸寺,詫間(自立),伊予氷見,伊予富田,内子(自立),北宇和島
[予土線] 松丸,吉野生,真土
[土讃線] 金蔵寺,朝倉
[高徳線] 吉成
[牟岐線] 阿波赤石,南小松島
[徳島線] 蔵本(自立),鮎喰,下浦
[鳴門線] 撫養

 漢字:丸ゴシック(ナール)
 よみがな:角ゴシック(ゴナ)
 アルファベット:ゴシック(Helvetica)
 所在地:明朝(?)
 

 ■B-3
y29_a1.JPG
備考  
確認駅 [予讃線・内子線] 高松(行灯)、坂出(行灯)、詫間(行灯)、高瀬(行灯)、観音寺、川之江、伊予三島(行灯)、新居浜、中萩、伊予西条(行灯)、石鎚山、今治、松山、伊予市(行灯)、伊予長浜(行灯)、伊予大平、内子(行灯)、伊予大洲、千丈、八幡浜、宇和島(行灯) 津島ノ宮
[土讃線] 後免
[高徳線] 栗林、板野、池谷、佐古、徳島
[牟岐線] 文化の森、阿南(行灯)
[徳島線] 蔵本(行灯)
[鳴門線] 鳴門 
阿南の2番のりばの筐体はLEDのものに交換済で 1番のりばのみ残存。

 タイプAのよみがながゴシックのゴナに変わったもの。よくみかける。
  
 漢字:丸ゴシック(ナール)
 よみがな:角ゴシック(ゴナ)
 アルファベット:ゴシック(Helvetica)
 所在地:明朝(本蘭明朝)
 
 タイプA・Bのナンバリング貼付前の矢印部分
 T02吉成A1.JPG

◆タイプC
DSC_7981.JPG ※行灯型はなし
備考 タイプBから隣駅表示の矢印の形が変わったもの。駅ナンバリング付与により駅ナンバリングのシールが貼付され,タイプEの矢印まわりと同じになった。よく見かける。所在する市町村が合併して変わった駅に多い。
確認駅 [予讃線・内子線] 讃岐府中、伊予三島(自立)、伊予寒川、赤星、伊予土居、関川、多喜浜、伊予小松、玉之江、壬生川、伊予三芳、波方、大西、伊予亀岡、菊間、浅海、大浦、伊予北条、粟井、光洋台、鳥ノ木、高野川、伊予上灘、下灘、串、喜多灘、伊予長浜(自立)、伊予出石、伊予白滝、伊予中山、五十崎、上宇和、卯之町、下宇和
[予土線] 深田、出目、西ヶ方、江川崎、半家
[土讃線] 金蔵寺、豊永、大杉、朝倉、伊野、吾桑、須崎(自立)、安和
[高徳線] オレンジタウン、造田、讃岐津田、丹生、三本松、讃岐白鳥、讃岐相生
[徳島線] 牛島、麻植塚、鴨島(自立)、西麻植、阿波川島、学、山瀬、阿波山川、川田、穴吹、小島、貞光、阿波半田
 
 漢字:丸ゴシック(ナール)
 よみがな:角ゴシック(ゴナ)
 アルファベット:ゴシック(Helvetica)
 所在地:明朝(本蘭明朝)

 ■タイプD (特殊)
zentsuji1 ※行灯型は未確認
備考 タイプCとタイプEの中間のようなタイプ。
確認駅 [土讃線] 善通寺(自立)
 
 漢字:丸ゴシック(新丸ゴ)
 よみがな:角ゴシック(新ゴ)
 アルファベット:(Helvetica)
 所在地:明朝(わかる方がいらっしゃれば記入願います。)

 タイプC・Dのナンバリング貼付前の矢印部分
 DSC_7036.JPG

◆タイプE
 DSC_8021.JPG d45_a2.JPG
 和文表示のフォントが全て新ゴになった最新のタイプ。よく見かける。いくつかバリエーションがある。行灯型は内側の光源がLEDのものは最近よく設置されているが、光源が蛍光灯のタイプは高知のみ。このタイプでは駅名に冠する旧国名のサイズが小さく表示されず,地名と同じ大きさになった。
 
 漢字:角ゴシック(新ゴ)
 よみがな:角ゴシック(新ゴ)
 アルファベット:ゴシック(Helvetica)
 所在地:角ゴシック(新ゴ)

 【タイプEのバリエーション】
 タイプEの駅名標はフォントのウエイトで区分できる。

 ■新ゴDB(日本語)+Helvetica Bold(ローマ字)
DSC_8375.JPG u25_b.JPG
備考 愛媛県内,徳島県内に多い。
確認駅 [予讃線・内子線] 端岡,八十場,本山,伊予桜井,伊予和気,北伊予,伊予市,向井原,内子,新谷,伊予吉田 
[土讃線] 讃岐財田,坪尻,佃,入明 
[高徳線] 栗林,神前,阿波大宮,板野,池谷 
[牟岐線] 地蔵橋,南小松島,阿南,見能林,桑野,由岐,日和佐,山河内,辺川,鯖瀬,浅川,阿波海南,海部 
[徳島線] 府中,牛島,貞光,阿波加茂 
[鳴門線] 立道,金比羅前

 ■新ゴM(日本語)+Helvetica Bold(ローマ字)
DSC_5050.JPG DSC_6856a.JPG
備考 香川県内のみで確認。
確認駅 [予讃線・内子線] 鬼無,多度津,みの,高瀬,比地大,観音寺 
[土讃線] 黒川 
[高徳線] 昭和町,栗林公園北口,木太町,屋島,古高松南,オレンジタウン


 ■新ゴM(日本語)+Helvetica Romain(ローマ字)
DSC_2337.JPG k26_a3.JPG
備考 西四国,特に愛媛県内に多い。所在地表記の大きさが小さいものがある。
確認駅 [予讃線・内子線] 高松(自立※),国分,讃岐塩屋,伊予西条,波止浜,堀江,伊予横田,八多喜,春賀,伊予立川,喜多山,伊予大洲,西大洲,伊予平野,千丈,双岩,伊予石城,立間,高光,宇和島 
[予土線] 近永 
[土讃線] 塩入,阿波池田,高知(自立型),円行寺口,小村神社前,日下,西佐川,佐川,窪川 
[徳島線] 阿波川島 
[鳴門線] 阿波大谷

※高松の自立型はフォント視点ではこの分類であるが、表面が金属であり緩やかな曲線を描いているなど異なる部分も多い。

 □珍しいタイプ

 DSC_3059.JPG
 ▲水色帯が太い。新ゴB(駅名)+新ゴM(隣駅名・所在地)+Helvetica Light(ローマ字)。牟岐のみで確認。

 k22_a.JPG
 ▲高知地区にはよみがなや漢字がずれていたり,所在地表記の県・市(郡)・(町)(村)の間にスペースが入っているものがある。新ゴDB(駅名・隣駅名)+新ゴM(所在地)+Helvetica Bold(ローマ字)。確認駅→大杉,土佐久礼,影野

  d40_a1.JPG
 ▲最近設置されたLED式と思われる行灯型。新ゴDB(駅名・所在地)+新ゴM(隣駅名)+Helvetica Bold(ローマ字)。確認駅→松山,琴平,阿波池田,土佐山田,後免,窪川,板野,池谷,佐古,徳島,阿南,鴨島
 ※駅名標筐体の枠は銀だが琴平のみ枠が黒のものが設置されている。




【平成の大合併により,所在地表記が少し変わった表記になったもの】

■一部が少し窮屈なタイプ

画像 k26_a1.JPG
駅名 土讃線 窪川 (行灯型)
以前 高知県高岡郡窪川町
現在 高知県高岡郡四万十町
特徴 町名部分だけ訂正している。町名の文字数の変化によりそこだけ文字がやや小さくなっている。※2016年現在,窪川駅のこの駅名標はLED式の最新のものに取り替えられている。
類似 川之江,伊予三島,志度


■無駄なところまで書いているタイプ

画像 takuma_up1.JPG d37_a.JPG
駅名 予讃線 詫間 (行灯型) 土讃線 土佐山田 (行灯型)
以前 香川県三豊郡詫間町 高知県香美郡土佐山田町
現在 香川県三豊市(詫間町) 高知県香美市(土佐山田町)
特徴 市の部分だけを訂正している。結果,本来は必要のない町名まで表記された形になっているが,修正としてはこれが一番簡単であったのだろう。三豊郡の町から三豊市に変わったところでは同じようなものが見られる。 新しく設置されたLED式であろう駅名標。新しいにもかかわらず,必要のない土佐山田町まで表示している。
類似 津島ノ宮,高瀬 なし


■フォントが変化しているタイプ

画像 DSC_7960.JPG DSC_4225.jpg
駅名 徳島線 鴨島 (行灯型) 高徳線 八栗口 (自立型)
以前 徳島県麻植郡鴨島町 香川県木田郡牟礼町
現在 徳島県吉野川市 香川県高松市
特徴 所在地表記全体を書き直していて、フォントが新ゴに変わっている。 劣悪な状態になった所在地シールの上に新しく所在地シールを貼り付けている。これもフォントが新ゴに変わっている。
類似 阿波池田(行灯型) 三加茂、羽ノ浦


◇タイプF
 DSC_3156.JPG DSC_7424.jpg
 架線柱や電柱,柱,壁などに取り付けられる,縦型の駅名標。
 駅名のよみがなとローマ字を表示する。
 縦型の駅名標は設置されていない駅もある。ナンバリングが2つある駅では駅名部分を狭くしてナンバリングを表示する
 DSC_9348.JPG
 駅名が長い駅では文字を圧縮して表示している。

 よみがな:ゴシック(新ゴ)
 アルファベット:ゴシック(Helvetica)



編集者:チェケラ
(フォント名を追記してくださった方、ありがとうございます。)

  • 最終更新:2017-08-20 02:01:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード